SUMIREA

家庭用ミシンでは物足りない!ソーイングが得意な人にイチオシ、職業用ミシンブラザーヌーベル470でステキなドレスも楽勝!

   

brother プロ用ミシン 【Nouvelle470】 「補助テーブル・フットコントローラー・ソフトケース付」 TAT7601

布製バッグや小物だけでなく子供のスカートからワンピース、さらには自分用のスカートやドレスまでミシンで縫ってしまうというくらい、ソーイングが得意という人もいるかと思います。

でも今使っている家庭用ミシンでは、なんだか物足りなく感じていませんか?

そこで思い切って奮発して職業用ミシンを購入しよう…そう思っているけど職業用ミシンって何十万円もするような高価なものばかりというイメージを持っていませんか?

ところが楽天やアマゾンで購入すれば商品によっては、機能性の高い職業ミシンが十万円を切った価格で手に入れられるのです。

そんな中でもおすすめなのがブラザーから発売されている職業用ミシン、ヌーベル470です。

今回は家庭用ミシンにはない優れた機能満載の職業用ミシン、ブラザーヌーベル470を紹介したいと思います。



こちらの記事でもおすすめミシン製品を紹介していますので参考にして下さい。




ブラザーヌーベル470ならこんなことができる

brother プロ用ミシン 【Nouvelle470】 「補助テーブル・フットコントローラー・ソフトケース付」 TAT7601

家庭用ミシンではデニムのジーパンなどの厚地なら縫えるというものもありますが、パイル状になっているビロードや絹・ウール・やわらかい化繊が素材になっているジョーゼットなどデリケートな生地の場合、縫いずれが起きやすくいくら器用な人でもなかなか上手に縫えません。

でも職業用ミシンブラザーヌーベル470ならば、このような繊細な生地でも縫いずれや生地を傷めることなく、スイスイとソーイングができるのです。

ステキなおしゃれ着を買おうと思っても高価でとても手が出ないという時、ソーイングが得意な人ならば自分で作っちゃえ!

という人もいます。

そんな人の中にはすでに家庭用から職業用ミシンに買い替えた、という人も少なくありません。




デリケートな生地でもきれいに仕上がる2つの機能

では職業用ミシンブラザーヌーベル470だと、なぜビロードやジョーゼットのようなデリケートな生地でもきれいに仕上げることができるのでしょうか?

それは2つの機能が搭載されているためです。

一つは布地に合わせて送り歯の高さが調節できる「送り歯高さ調節」機能です。

薄地から厚地まで布地に合った送り歯の高さが、ドロップフィードつまみで上下に調整できます。

二つ目は押さえ圧を生地によって調節できる「押さえ圧力調節」。

押さえ圧力も布地に最適な圧が、つまみ一つで簡単に調節できます。

ブラザーヌーベル470にはベルベット(ビロード)下糸送り専用の送り歯高さ調節と、押さえ圧力調節ができるようになっているので、デリケートなビロードやジョーゼットがスイスイとストレスを感じることなく縫い上げることができるのです。

このような機能は家庭用ミシンには見られません。

本格的なドレスを完成させたいという人には、職業用ミシンブラザーヌーベル470がぜひおすすめです。




ブラザー独自の下針送りがいい仕事をします

ただし送り歯の高さと押さえの圧力を調節さえすれば、どんな布でもスイスイ縫えるのかといえばそうとは限りません。

いくら送り歯の高さや押さえ圧を布に合わせても、下糸送り機能がいい仕事をしてくれないとスムーズに布は進んでくれません。

ブラザーヌーベル470にはブラザー独自の優秀な下糸送り機能で的確にその布に応じた送りができるので、縫いずれや横ずれが起きることなく気持ちよく縫えるのです。

さらに押えを上げると布送り針が自動的に下がるという、気の効いた仕事をしてくれるのでますますソーイングがはかどります。




視力が気になるシニアや初心者にも優しい機能を搭載

でも職業用ミシンってプロ仕様になっているので、家庭用ミシンの扱いしか知らない人にとっては操作が難しく家庭用にあるような機能も付いていないのでは?

このような心配の声も聞かれそうですがブラザーヌーベル470は職業用ミシンでありながら、視力が気になるシニアから職業用ミシン初心者まで簡単に使えるような優しい機能が搭載されているので安心です。

では具体的に搭載されている優しい機能とはどのようなものなのか、5つの機能をピックアップしてみました。

視力が気になるシニアにも安心のクイック糸通し

針に糸を通す作業は老眼が進んだシニア世代の人にとって、思った以上にひと苦労するもの。

若い頃のようにササッと糸を通して、ミシンを作動させるというわけにはいきません。

でもブラザーヌーベル470には老眼のシニア世代でも糸が簡単に通せるよう、針穴への糸通しがレバー操作一つで簡単にできるクイック糸通し機能が付いています。

ミシンを出してさぁソーイングをはじめようと思って、うっかり老眼鏡を忘れたため糸通しをするためにわざわざ老眼鏡を取りに行き、それから針に糸を通すという面倒な手間が省ける分、すぐにミシンが使えるのでとっても助かります。

初心者にも安心の下糸クイック下糸巻き機能

下糸の処理は家庭用のミシンでも慣れるまで手こずりますが、ブラザーヌーベル470は職業用ミシンでありながら作業前でも下糸を針板上に引きあげる必要がなく、そのままでもきれいに縫い始めることができます。

また下糸巻きは糸巻き装置にボビンと糸をセットするだけで準備完了。

後は自動でボビンが回転し始め、巻き終われば自動で止まるようになっています。

家庭用ミシンから初めて職業用ミシンに変えたという初心者でも、ブラザーヌーベル470ならば使い慣れた家庭用ミシン感覚で使えるので下準備も簡単、ラクラクです。

針定位置停止と自動糸切機能でさらに安全

職業用ミシンの場合は家庭用ミシンと比べるとパワフルですが、その反面針でケガをする危険性も高いのではと懸念されている人もいるかと思います。

でもブラザーヌーベル470にはそんな心配を払しょくするような便利な機能が付いているので、針で手にケガをするようなリスクもかなり低減されています。

まず縫い終わりは針が下で決まった位置にピッタリ停止する「針定位置停止」機能が付いているので、うっかり指が針の先に触れてケガをするなんてこともありません。

また「針定位置停止」機能を解除すれば、フリーの位置で停止させることもできます。

さらにソーイングが終わった後には縫い糸を切る必要がありますが、この作業が案外面倒なもの。

そんな面倒な思いと針の近くで作業すぐ危険性を避けられるよう、ブラザーヌーベル470にはボタン一つで糸切ができる「自動糸切」機能が付いているのでハサミを使う必要もなくなります。

わかりやすく使い勝手が良い2つの手元の機能

電気をつけても手元が陰になって見づらいということはありませんか?

手元が見づらいと作業にも支障が出てきますが、ブラザーヌーベル470には手元を明るく照らすLEDが付いているので安心です。

白熱球や蛍光灯のように熱くなることなく、ライトの寿命も長持ちするので電池の交換も最小限で済みます。

そしてもう一つひと苦労することがあるのが、ボビンの取り出しです。

ボビンの取り出し口が小さくて、出し入れに手こずったという経験はありませんか?

そんなことがないようブラザーヌーベル470の本体カバーには、補助テーブルにも広いボビンケースの取り出し口を設けました。

広くなったボビンの取り出し口のおかげでボビンの取り出しだけでなく、ミシンの掃除もしやすくなっています。

アナログとコンピューターの長所を生かした安全設計

ブラザーヌーベル470はダイヤルとボタンで操作できるというアナログの長所とコンピューターの長所を生かし、使い勝手の良さだけでなくコンピューター制御機能でより安全に使用できるような設計になっています。

まずミシンの速度を調整するコントローラーに異常が生じた場合、ミシンが自動的に停止するようになっています。

もしコントローラーが安全に使用できる状態であれば、ジャックを抜けば赤いランプの点滅が止まり正常に操作できるようになっています。

また糸が絡んだ時にも自動停止し、異常がないことが判明すれば自動復帰できるなど、作業に必要以上の支障を与えないようなシステムになっています。




作業台はヌーベル専用の作業台が便利

職業用ミシンブラザーヌーベル470は重さが11kgなので、作業台で使用するタイプになっていますが、もし作業台がなければヌーベル専用の作業台を選ぶと便利です。

ヌーベル専用の作業台には布押えが上下できるひざ上げレバーが付いているので、両手が使えない時でも布押えを12mmまでひざで上げ下げできます。

キルトのような厚物を縫う時や段縫いの時などにはたいへん重宝します。




まとめ

家庭用ミシンから職業用ミシンブラザーヌーベル470に変えた人は、そのなめらかでスムーズな縫い心地と正確な縫い目、そしてパワフル縫いから繊細な生地を縫い合わせることまで自在にできるので感動したという人も少なくありません。

しかも楽天やアマゾンなどで購入すれば8万円から9万円で購入できるので、家庭用からシフトしやすいというのも魅力です。

今の家庭用ミシンでは物足りない人や、職業でミシンを使う仕事がしてみたいという人にはまさにおすすめのミシンです。

趣味が高じて気が付けば職業になっていた、なんてことも夢ではありません。