SUMIREA

ミシンを活用することで諦めていた縫い物ができるようになる

   

自分で縫い物をしてみたい、子供にオリジナルの洋服を着させてあげたいと考えた場合、ミシンは必須アイテムになってきます。

しかし、今までミシンを使用したことがない人の場合、ミシンの使用方法だけではなくミシンの選び方も理解できないことが多いと言えます。

直感的に選ぶのではなく、しっかり時間をかけて検討して選ぶようにしましょう。



こちらの記事でもおすすめミシン製品を紹介していますので参考にして下さい。




本格的なミシンの活用

諦めていたことを実現できる

ミシンをどのように活用するべきかが分かれば、今まで諦めていたことを実現させることができます。

ちょっとした縫物であれば手縫いでも可能ですが、広い範囲や手縫いでは困難な生地の厚みがある場合は、間違いなくミシンの方が便利です。

大切にしていた衣類でも、生地の破れや糸のほつれなどで手縫いでは困難だと感じた場合は、仕方なく廃棄してしまっていたでしょう。

しかし、ミシンを本格的に活用することで大切にしていた衣類を、もう一度復活させることができます。

ミシンの購入に迷っていた人は、こうした活用方法をイメージすれば購入したいと言う思いになります。




ミシンを上手に選ぶには

本格的に縫物をするなら

ミシンの選ぶ方が分からないと言う人は多く、とくに今までミシンに触れたこともないと言う人はどのような基準で選ぶべきかは分からないでしょう。

本格的にミシンを選ぶのであれば、できる限り中途半端な機能性を持っているミシンを選ぶことは避けるようにしましょう。

モデルによって一長一短がありますが、その中でも自分が納得できるモデルを選ぶようにして、購入した後に失敗したと言うことがないようにすれば、快適なミシンライフを送ることができるようになります。

こうした選び方ができるためには、まずはミシンについての基礎知識から習得していくようにしましょう。

ミシンのタイプ

ミシンには一般的に重量が軽いタイプと重いタイプとに分けられます。

軽いミシンをコンパクトミシンと呼び、重たいミシンをフルサイズミシンと呼ばれています。

どちらにもメリットとデメリットがありますが、このメリットとデメリットを理解していなければ自分がイメージしているミシンとしての活用が困難になってしまいますので注意が必要です。

コンパクトミシンは重たいミシンのイメージがある中では非常にコンパクトでありさらに軽量化されており、持ち運びや出し入れがとても楽に行えます。

シンプルな機能が特徴的なので、本格的に使用する場合には少し物足りないと感じてしまうような場面があります。

また、モーターのパワーも少ないことから、厚手の生地を縫う場合には力不足だと感じてしまうような場面もあります。

生地の補修や薄手の生地での洋服の作成などには向いていますが、パワフルな縫い方必要とされるような場合には力不足だと感じてしまう可能性が高いミシンのタイプだと言えます。

そして、フルサイズのミシンはコンパクトミシンのデメリットをしっかり補って作られたミシンだと感じることができます。

とくに、モーターの力はとても強くどのような生地でもしっかり縫い込むことができますので安定感も維持できるようになります。

安定して縫物ができると言うことで、フルサイズのミシンは失敗も大幅に防ぐことができるようになるのです。

しかし、やはり重量が重たくなってしまいますので、出し入れが少し大変になってしまいます。

ミシンをそのまま出しっぱなしの状態で使用する場合には問題はありませんが、物置などに収納して必要なときだけセットする場合には不便だと感じてしまいます。

どちらを選ぶのかは、自分がどのレベルでミシンを使用するかによりますが、フルサイズのミシンを購入しておけば失敗したと感じる場面は少なくなります。




ミシンの種類も理解しておく

家庭用ミシンと業務用ミシン

ミシンはさらに家庭用ミシンと業務用ミシンとにも分けられます。

家庭用ミシンはさまざまな機能が付いていることが多く、複雑な縫い方でも自動で操作を行ってくれるような物もありとても便利です。

そして、業務用ミシンもメリットは直線的な縫い方に特化しているタイプになります。

部分的に直線で縫う場合には、驚くほど安定した縫い方ができ、さらにとてもスピーディーに作業を行うことができます。

また、業務用ミシンは力がとても強いことから生地を選ぶことなくしっかり縫い込むことができます。

一般家庭で業務用ミシンを所有している人は少ない傾向にありますが、内職などでミシンを活用する場合には業務用ミシンがあればどのような物でも対応させることができるようになります。

家庭用ミシンのさまざまなタイプ

家庭用ミシンは、さらに電動ミシンや電子ミシン、コンピューターミシンとに分けることができます。

それぞれ価格帯も全く違ってきますが、自分が理想としている縫物をする場合には少し高価になったとしても迷うことなく選ぶようにしてみましょう。

まず、電動ミシンは構造がとてもシンプルであることが特徴的で、その分とても安価に購入することができますが、力が弱いことがネックになってしまいます。

高速で動かなさないと厚手の生地に対応できないと言うデメリットがあります。

電子ミシンはその名の通り電子回路を利用して縫い方を制御してくれるミシンです。

個人でミシンを購入している人の中では、この電子ミシンが最も選ばれており、安定してさまざまな場面で使用することができますので人気が高いタイプだと言えます。

そしてコンピューターミシンはさらに複雑な縫い方でも設定した通りに正確に自動で縫ってくれる特徴があります。

自分自身の技術を特に必要としなくても、コンピューターミシン自体が行ってくれるためとても便利です。

これだけ優秀な機能が詰め込まれていますので、当然価格は高くなってしまうと言う面もありますが、楽にミシンを使用したいと考えている人にはとてもおすすめです。




おすすめのミシン2選

GRACE100BHZL-G100B

JUKIのミシンGRACE100BHZL-G100Bは、コンピューターでさまざまな縫い方を制御させることができるため、薄手から厚手までさまざまな生地をストレスなく縫うことができます。

糸を乱すことなく、正確に縫い上げる能力は、他のミシンにはない魅力があります。

また、段差がある生地でも真っすぐに縫うと言う能力に優れているため失敗をしてしまうような場面はほとんどありません。

初めてミシンを使用する人でも安定感を感じることができますので、とくにビギナーにおすすめのミシンです。

FamilyMarkerFE1000

brother ブラザー 電子 ミシン FE1000 (EMV8103)

BROTHERのミシンFamilyMarkerFE1000は、刺しゅう機能が優れているミシンになります。

ビギナーでも手軽に刺しゅう縫いができるとして、高い人気を誇っています。

刺しゅう縫いなどの機能は、パソコンからのデータを取得することで多くの機能を追加できるようになっていることも特徴です。

子供のために、世界に一つだけの刺しゅうを縫ってあげたいと考えている人は、このFamilyMarkerFE1000は最高におすすめです。




まとめ

このような洋服を作ってみたい、この部分を補修したいと考えてもミシンがないことで諦めてしまっていたことは多いでしょう。

ミシンを購入することは、ハードルがとても高いことのように感じるかもしれませんが、最近ではコンピューターミシンなど、自動でさまざまなことを行ってくれるタイプも多くなっていますので、上手に選んで活用してみましょう。