SUMIREA

ミシンをたまにしか使わない人はレンタルするとメリットがいっぱい

   

かつては家庭に一台あるのが当たり前という扱いのミシンでしたが、現代社会では違います。

ミシンを持っていないという家庭も少なくありません。

しかし、子供が小学校や幼稚園に入園するとき、あるいはミシンを使う必用ができたり、ミシンに興味を持ったりした時困ってしまいます。

そのようなときに、ミシンを購入するのではなく、レンタルするという選択肢もおすすめです。



こちらの記事でもおすすめミシン製品を紹介していますので参考にして下さい。




常に使わない人はミシンのレンタルという選択肢もあります

ミシンを頻繁に使うわけではないけれど、たまに必要になる時がある、と言う人はミシンを購入するのではなく、レンタルという選択肢もおすすめです。

ミシンのレンタルにはさまざまなメリットがあります。

頻繁にミシンを活用している人ならば、ミシンのレンタルは割高ですが、たまにしか使わないのならば、レンタルの方がかえって効率が良いことが多いです。




ミシンの置き場所に困らない

最近のミシンは随分と小型化されてきましたが、それでもそれなりに場所を取ります。

たまにしか使わないミシンのために収納場所を確保するのは大変です。

また、たまにしか使わないからと言って、すぐに出せない押し入れや天袋の奥の方に収納をしてしまうと、取り出すのが億劫でますます使わなくなってしまいがちです。

ミシンをレンタルすれば収納場所に悩むこともなくなりますし、収納したり、取り出したりする億劫さもありません。




スペックの高いミシンが使える

日頃からあまりミシンを使わない人は、高いミシンを購入することをもったいないと感じます。

安いミシンは1万円代で購入することができます。

小型でスペースを取らないというメリットもあります。

しかし、安くて小さいミシンはあまり初心者向きではありません。

普段ミシンを使っていない人が使いこなすのは大変です。

そして、ますますミシンから遠ざかってしますという悪循環を生みかねません。

あまりミシンに慣れていない人やミシンの初心者こそ、ある程度値段の張るスペックの高いミシンの方が使いやすいです。

レンタルミシンならば手頃な費用で、スペックの高いミシンを使うことができます。




ミシンのメンテナンスをしなくて良い

ミシンを所有している場合、定期的にメンテナンスをしなければなりません。

故障してしまったら自分で対処をしなければなりません。

しかし、ミシンをレンタルする場合、ミシンのメンテナンスや修理はレンタル会社が担当してくれます。

レンタルを利用する人はいつもベストな状態でミシンを使うことができるのです。




知り合いに借りるよりも手軽

ミシンを持っていない人がミシンを必要になった時の選択肢として、購入以外に知人に借りるというものがあります。

しかし、知人に借りるというのは一見簡単そうに見えて煩わしいことも多いです。

ミシンは精密機器なので郵送をする場合は丁寧な梱包が必要です。

これを素人が行うのはやや困難です。

包装に失敗し、途中で故障してしまった場合の保証についても知人同士ゆえにややこしいことになってしまいます。

郵送ではなく、人の手で持ち運ぶ場合もそれなりに大きいですし、重いので大変です。

また、ミシンを使っていて故障させてしまった場合もお互いに気を使います。

そうでなくても、お礼の品を渡したり、お礼を言ったりといったやり取りもしなければなりません。

プロのレンタル会社を利用した方がわずらわしさを回避することができるでしょう。




色々なミシンを試すことが出きる

レンタルミシンはミシン初心者だけでなく、これからミシンを購入して本格的に使っていこうと考えている人にもおすすめです。

本格的にミシンを活用しようと考えているのならばスペックの高い高価なミシンを検討することが多いです。

ミシンはメーカーや商品によって使い勝手が大きく異なります。

まずは手頃な値段のレンタルミシンでさまざまな機種を使ってみてから納得のいく機種を購入することができます。




ミシンのレンタルの形態は2つあります

ミシンをレンタルする場合、形態は大きく分けて2つあります。

1つはミシンを郵送してもらい、自宅で使うというものです。

もう1つはミシンがある場所に行き、そこで作業をするというものです。

それぞれにメリットがあるので、自分に合ったタイプのものを選ぶようにしましょう。




郵送でミシンをレンタルする場合

郵送でミシンをレンタルする場合はレンタル会社に電話したり、ホームページから必要事項を記入して申し込んだりします。

そうすると希望日にミシンが郵送会社にとって届けられます。

そして、レンタル期間が終わったらまたレンタル会社に郵送をします。

レンタル期間は延長をすることができます。

自宅でミシンをレンタルする場合は好きな時間に人目を気にせず作業を行うことができます。

しかし、あまりあることではありませんが、作業の途中で故障してしまったり、あるいは初期不良があったりした場合、すぐに対処ができません。

レンタル会社に連絡をすれば新しいミシンを郵送してくれることが多いですが、到着するのは翌日以降となってしまいます。

また、使い方が分からない、糸が絡まったといった細かいトラブルは自分で対処をしなければなりません。

ミシンだけでなく生地や制作キットなども一緒に販売していることもあります。

費用は1泊2000円程度が多いです。




ミシンがある場所に自分が行く場合

ミシンが移動するのではなく、人間が移動してミシンをレンタルするという方法もあります。

ミシンカフェや、手芸屋の一角にあることが多いです。

ミシンを借りたい人は生地やボタンなどの材料を持ち込んで、ミシンのある場所をレンタルして作業をします。

手芸屋さんの一角にある場合は作業に必要な材料をその場で購入することもできます。

ミシンの操作で分からないことがあればその場でスタッフに助言を求めることもできます。

ミシンの教室を開いていることもあるので、ミシンや裁縫の初心者でも無理なく、目的のものを作ることができます。

お店のスタッフやミシンをレンタルしている人同士の交流も楽しむことができます。

一方で、人目が気になるタイプの人はレンタルスペースだと作業に集中をすることが難しいことがあります。

また、レンタルスペースは営業時間というものがあるので、いつでも好きな時間に、というわけには行きません。

営業時間内に作業が終わらない時はまた改めてレンタルをし直さなければなりません。

また、ミシンの作業に必要な材料を自宅から持ち込まなければならないという煩わしさもあります。

部品を1つ忘れただけで、その日のうちに作業を終わらせるのを諦めるか、その場で購入をするかしなければならなくなってしまいます。

費用は1日、あるいは1時間数百円であることが多いです。




レンタルする場合は時間に余裕を持って

ミシンをレンタルする場合、注意点もあります。

それは時間に余裕を持つ必要があるということです。

幼稚園や小学校などの入園準備シーズンである、1月から3月あたりまではミシンのレンタル希望者が増えます。

なので、レンタルしたいときにレンタルしたい機種があるとは限りません。

さらに、普段ミシンを使っていない人は作業に思ったより時間がかかってしまうこともあります。

まとめ

普段あまりミシンを使っていないと言う人はミシンが必要になった時には購入するよりもレンタルするほうがメリットが多きことが多いです。

ミシンは郵送でレンタルできる場合と自分がミシンをレンタルするスペースに赴いて作業をするという2つのタイプがあります。

いずれにせよ、あまりミシンに慣れてない人親切なシステムになっているので、安物のミシンで間に合わせるよりも快適な作業ができるでしょう。