SUMIREA

ミシンは目的によって上手に選べば購入時の失敗を防げる

   

brother コンピューターミシン 「文字縫い機能搭載(ひらがな・カタカナ・漢字・数字・アルファベット)」 S71-SL

ミシンを購入したいとは考えていても、どうしても購入に踏み込めないと言う人は、とてもたくさんいます。

その多くの理由は、購入しても実際に使用できるかどうと言う不安があるからで、使わないままタンスに収めたままになってしまう不安があるからです。

しかし、最近のミシンはとても扱いやすくビギナーでも簡単なので、まずは購入してその使用感を体感してみましょう。

こちらの記事でもおすすめミシン製品を紹介していますので参考にして下さい。




ミシンの活用

ミシンは高い技術が必要と感じてしまう

ミシンを活用して、子供用の服を作ってあげたい、イメージ通りの刺しゅうを縫ってあげたいと考えている人は多いでしょう。

そのために、ミシンを購入するべきかとても悩んでいる人は多く、結局自分には無理だと感じてしまい、購入を諦めてしまっています。

確かにミシンは基本的な技術は必要であり、練習をしなければイメージ通りに縫っていくことは難しい作業になりますが、昔に比べてミシンはとても簡単な作業になっていることは事実です。

とくに、初心者の人向けのミシンについては、プロと同じような作業能力を持っているタイプもありますので、こうしたタイプを購入することで、今までイメージしていた縫い物を行うことができます。

どうしても高い技術が必要だと感じてしまうミシンですが、選び方によって不可能が可能になることは理解しておきましょう。

慣れれば短時間で作業ができる

今まで縫い物をするときには、手縫いで行っていた人はとても多くの労力が必要になっていたと言えます。

一つ一つ確実に縫っていき、やっと完成してももしイメージ通りではなかった場合は、またその縫った糸をほどいて同じ作業を繰り返すなどの手間も発生していました。

しかし、こうした時間がかかる縫い物も、ミシンを活用すれば驚くほど短時間で作業を行うことができるようになります。

その差は歴然であり、ミシンをしっかり活用できる能力がある人は、もう手縫いには戻れないと感じてしまうほどです。

ミシンを活用すれば、諦めていたことを可能にさせることができますので、まずは思い切って自分に合ったミシンを選んで購入してみることをおすすめします。




初めて購入するなら

縫い物によってはリーズナブルなタイプを購入する

ミシンの価格は、まさにピンキリだと言えます。

とても高価なミシンもあれば、ミシンのイメージが変わってしまうほど安い価格で購入できるタイプもとてもたくさんあります。

さまざまなミシンがありますが、初めて購入するのであれば縫い方などによってはリーズナブルな、比較的安いモデルでも十分です。

例えば、刺しゅうなどを行いたいと考えている場合には、刺しゅう機能に特化した安いモデルでも十分イメージ通りの作業を行うことができます。




刺しゅう縫い用おすすめのミシン3選

ブラザーS71-SL

brother コンピューターミシン 「文字縫い機能搭載(ひらがな・カタカナ・漢字・数字・アルファベット)」 S71-SL

刺しゅう縫いだけに特化したミシンを選ぶのではれば、ブラザーのS71-SLをおすすめします。

このミシンはとてもシンプルな機能性ですが、自動での針穴への糸通しや、下糸自動巻きなど細かな便利な機能がしっかり含まれています。

また、刺しゅう縫い用の機能として名前入れの機能が内蔵されています。

英語やひらがら、そして漢字まで機能が含まれていますので、自動で簡単に刺しゅう縫いを実現させることができます。

また、40パターンものクロスステッチ縫いの機能が含まれていますので、刺しゅう用のミシンとしてはとても優秀だと言えます。

刺しゅう縫い用のミシンを購入する場合には、ブラザーのS71-SLはとてもおすすめです。

ベルメゾン文字縫い・刺繍・絵文字ミシン

ベルメゾンのミシンも、とても高い能力を持っていることで有名です。

既に内蔵されている文字や絵文字などを選んでセットするだけで、後はほとんど何もしない状態でしっかりイメージ通りの刺しゅうを完成させることができます。

コンピューターミシンなので、その能力はとても優れており、ミシンがビギナーでもとても簡単に作業を行うことができます。

フリーに糸を動かして刺しゅうを自分で行うことも当然できますが、自分で作業を行ってもとても簡単だと感じることができます。

まさに、ペンで絵を描いているような動作で作業を進めることができるのは、ベルメゾンのミシンの大きな能力があるからだと言えます。

レベルの高い刺しゅう機能を備えたミシンを購入するのであれば、ベルメゾンはとてもおすすめです。

シンガーSN778EX

SINGER コンピュータミシン(数字・アルファベット・ひらがな縫い可能) SN778EX

シンガーのSN778EXは、ミシンの中ではとても有名な機種です。

数字やアルファベット、ひらがなに至るまで、とてもシンプルな機能で刺しゅうを行うことができます。

このSN778EXが優れているポイントは、サテンステッチやクロスステッチ、そして飾り罫などの機能が全部で207もあります。

207ステッチも使えますので、自分に合ったタイプが必ず見つかります。

自動針穴通し機能やボタンホールの全自動機能なども付いていますので、ベテランだけではなくミシンがビギナーの人にもおすすめできるミシンです。




ミシンを選ぶ前には

価格からではなく目的から選ぶ

実際にミシンを選ぶときには、間違いなく悩んでしまいます。

実際に購入しても、本当に使い続けることができるのかと言う悩みは、とくにビギナーであれば誰もが抱く悩みです。

また、ミシンはどうしても設置場所を取ってしまいますので、置き場所についても検討しなければいけません。

ミシンを選ぶときには、当然価格も考慮する必要がありますが、一番は目的から選んでいくことをおすすめします。

どのような目的で使用するのかを明確にさせることで、購入の失敗を防ぐことができます。

そのため、無理に能力の高いミシンを選ぶ必要はありません。

安価なミシンでも、十分な能力を備えているタイプもたくさんありますので、自分の目的に一致すればそのミシンをまずは購入して使い続けてみましょう。

慣れれば、それほど難しいとは感じなくなります。

本格的なミシンを選ぶ場合には妥協はしない

ミシンを本格的に使用していきたいと考えている場合には、必ず妥協をすることなく選んでいくようにしましょう。

とくに、内職などの目的で選ぶ場合には、機能性もそうですが付属されている機器やサイズなどトータル的なバランスで選ぶことが重要となります。

高価なミシンであれば、とくに購入した後の失敗を防ぐためにも、レベルの高いミシンをしっかり吟味して選んでおくべきです。

高性能なミシンは、それだけ正確に縫うことができ、さらにとてもスピーディーに作業ができるようになっています。

内職などの場合、ほんの数秒の差でも数を重ねていけば膨大な時間の差になっていきますので、少しでも作業効率を向上させることを意識してレベルの高いミシンを選ぶようにしていきましょう。

ミシン専門店は、昔に比べればとても少なくなっていますが、できる限り現物を確認して選ぶようにすることが重要です。

インターネットで価格を考慮して選ぶことも良いですが、遠方でもミシン専門店があれば出向いて実際に触れて購入を検討することが失敗しないミシン選びのポイントになります。




まとめ

子供のためにさまざまな縫い物を作ってあげたいと考えている場合には、ミシンの活用をおすすめします。

ミシンがあれば、今まで諦めていた縫い物が簡単に、そしてスピーディーに作ることができます。

しかし、やはり練習は必要になってきます。

決して安い物ではないので、しっかり検討して購入しイメージ通りに縫えるように練習を重ねていきましょう。