SUMIREA

ミシン縫製の仕事は何歳くらいまでチャレンジできる?

   

(ジャガー) JAGUAR 電動ミシン MM-222I

ミシンを趣味にしている方が最終的な目標にするのはやっぱり、ミシンを仕事にすることなのではないでしょうか?

でも、ミシンを仕事にするとは言っても、年齢的なことがネックになってくることもあります。

たとえば40歳からミシンを仕事にしたいと思っても、それはうまくいくものなのでしょうか?

ここではそんな、ミシンの仕事は何歳くらいまでチャレンジできるのかということを見ていきます。



こちらの記事でもおすすめミシン製品を紹介していますので参考にして下さい。




現実的なのは30代後半くらいまで

ミシン縫製の仕事は、やはり技術職になります。

ということは、ミシン縫製の仕事をするとなったら、ミシンの最低限の技術や知識がないとなりません。

それはやはり、未経験からではなかなか身につかないものです。

趣味レベルのそれとプロのそれでは大きく違いますから、やはりプロレベルの経験を求められるのです。

ではたとえば、50歳未経験の方に対して、丁寧に教えることはできるでしょうか?

やはりこの先いつまで働いてくれるかということを考えても、スキルの覚えやすさなどを考えてもそれはリスキーなのです。

もちろん、では絶対に50歳未経験ではミシンの仕事に就くことはできないのかといわれたら、そんなことはありません。

リスキーでもなんでもいいからとにかく手が足りないというところも確かにある業界ですから、無理ではないです。

でも、かなり厳しい戦いが続くことは間違いありません。

面接にまでたどり着かないことがほとんどになります。

より現実的に未経験からでもミシンの仕事につける可能性が高いのは、やはり30代後半くらいまでになります。

年齢層が高い業界であることは間違いない

ミシン縫製の仕事の平均年齢はだいたい40代半ばになります。

そして中には、60代以上が中心になっているというようなところもあります。

それくらいに人手不足な業界になるのです。

だから、他の業界はよりははるかに高い年齢の未経験からでもチャレンジしやすいことは間違いありません。

なので、30代後半くらいまでであれば、臆せずどんどんチャレンジしていくことがおすすめです。

それ以上の年齢の方も、応募できる求人を見つけたら、それには片っぱしから応募してみてください。

何個かそれを繰り返していけば、一つくらいは面接まで行けるはずです。

あとは熱意と人当り次第です。




少しでもスキルは高めておくべき

30代後半まででも、あるいはそれは以上であっても、未経験からミシンの仕事にチャレンジするのであれば、スキルは少しでも高めておくべきです。

そしてその高いスキルを見せることができるアイテムを作っておきましょう。

たしかにプロのスキルと趣味レベルのスキルは全然違います。

特に全然違うのはスピード感です。

プロレベルの仕事には締め切りがありますから、スピード感は全然違うのです。

そのスピードの中で高いスキルを発揮していかないとならないので、やはり求められるスキルは高いです。

でも面接であれば、そのスキルのスピード感はわかりません。

だから、高いスキルをアピールできるようなアイテムを見せて、とにかく丁寧な仕事ができるのだということを見せることができれば、良い印象を持ってもらえる可能性は高くなります。

スピード感はたしかに足りないでしょうが、それは入ってからも慣れることができます。

スキルもないスピード感もないと思われるよりは、はるかに合格率は高くなるのです。

ミシン教室などで高めるとよい

ではそのスキルはどこで高めればよいでしょうか?

それはやはりミシン教室などがおすすめです。

自分独学でスキルを高めようとしてもやはり限界があります。

しかし、ミシン教室であればもともとプロとして仕事をしていた方が教えてくれる可能性も高いです。

もともとプロとして仕事をしていた方が教えてくれるのですから、同じだけのスキルを学ぶことだって可能です。

また、運が良ければそこからのコネクションで仕事につながることだってあります。

そういうことを考えても、ミシン教室はおすすめです。




年齢が高い人こそ専門学校に行くのはあり

30代後半やそれ以上の年齢が高い状態からミシン縫製の仕事に就くことを目指すのであれば、専門学校に行くのもありです。

一般的には専門学校には10代の方が多いです。

でも年齢が高い人がそこに行けば、たとえ未経験でも確かなスキルや知識があることは証明できるようになります。

若い人であれば、むしろそれがなくても伸びしろで雇ってもらえる可能性はあるのです。

しかし年齢が高い人にはそれがありません。

だからむしろ、年齢が高くてチャレンジが厳しくなる人こそ、専門学校に行くべきなのです。

ただし長く通っている時間はない

ただだからと言って、10代の生徒と同じように2年も3年も通っている時間はありません。

そんなに長い時間をかけていたら、また2歳3歳年を取ってしまうのです。

ただでさえ年齢的に厳しいのに、そこまでの余裕はないはずです。

ではどうすればよいのか。

1年制の専門学校を狙えばよいのです。

たとえば夜間であれば基本的には1年制のところが多いです。

また、昼間であっても1年制のところはあるものなのです。

そういうところを狙えば、スキルがあることの証明を一年で取ることができます。

もちろん年齢は若ければ若いほど良いですから、すぐにでも就職できるのであればそれが一番でしょう。

でもそれが難しくなっているのですから、あえて1年間を捨てて、スキルや証明の取得に専念するというのは大いにありなのです。

それは十分におすすめできます。




雇用形態にもこだわらないほうが良い

正社員という雇用形態にこだわると、35歳までとか言われてしまうことも珍しくはありません。

でも、雇用形態にこだわらないと、突然その年齢制限がなくなったりすることがあるのです。

だから40歳でも50歳でも応募できるようになります。

実際、パートであれば、日本中のいたるところに40歳50歳60歳で働いている人だっています。

しかもそういう雇用形態の場合には、未経験への門戸もされに開かれがちになります。

すごくねらい目であることは間違いないのです。

パートから正社員だって狙える

たしかに中には正社員という雇用形態に対してこだわりがある方もいるかもしれません。

正社員とパートでは給料も違いますし、安定性も全然違う。

そして何より社会的なステータスが違います。

だから、正社員にこだわりがあったとしても何ら不思議ではありません。

しかし、別にパートで働いているからといって、正社員が狙えなくなることはありません。

そのまま社員登用されることだって大いにあるのです。

さらにパートをすることにはもう一つメリットがあります。

パートをすれば未経験ではなくなる

それが、パートをすれば未経験ではなくなるということです。

アルバイトだってパートだってそれが立派な職歴であることは間違いありません。

だから、未経験ではなくなるのです。

未経験でなくなれば、年齢がある程度高くてもスルーしてくれるところもぐっと増えてきます。

そうなれば30代後半といわず、40代でも50代でも全然期待をもってチャレンジしていけるようになります。




まとめ

ミシンの仕事に未経験からチャレンジするならば、現実的には30代後半くらいがリミットになります。

それより上の方はかなり厳しい道になることは間違いありません。

30代後半でも大変なのですから。

でも、大変で険しい道なりに、それを乗り越えるための策略もあるのです。

だからこれらのことを参考にして、うまく戦略を練って挑んでいってください。