SUMIREA

ミシンは持っている人と持っていない人どっちが多い?

      2017/12/22

たとえば子供が幼稚園や小学校に入学した際、いろいろと作ってあげないとならなくなることも出てきます。

しかし、だからと言ってミシンを家においておいても使わないという方も多いのが現代。

では、現代では、ミシンを持っている方と持っていない方、どちらの方が多いのでしょうか?

ここではそれについて見ていきたいと思います。



こちらの記事でもおすすめミシン製品を紹介していますので参考にして下さい。




ミシンは持っていない方も多い

なんとなく子供が幼稚園生になったり小学生になったりしたら、そのタイミングでミシンを購入しているという方がおおそうな印象を受けるものです。

しかし、実は意外とミシンを持っていないという方は多いです。

もちろん持っている人もままいますが、ミシンはわざわざ買わないという方もたくさんいるのです。

割合としては五分五分くらい

だいたいの割合としては、ミシンを持っている人もミシンを持っていない人もだいたい五分五分くらいの割合になります。

なので、別にミシンを持っていないからと言って恥じることもありませんし、別に必要がないのに見栄を張ってミシンを買う必要もないということになります。

みんな持っているからミシンを買おうと思っているのであれば、それは間違った認識です。

本当に必要な場合な方が持っている

ミシンを持っている方は、それが本当に必要な方であることがおおいです。

たとえば、幼稚園や小学校が、基本的に手作りのものを使用するという方針だった場合です。

別にミシンがなくても手作りで何かを作ることはできないわけではありません。

しかし、ミシンがある方がそれは間違いなくスムーズになります。

だから、手作りのものを使用しないとならない環境の場合は、ミシンを買った方が良いのです。

そうしてミシンを保持していくのです。

また、ミシンを持っている方の中には、そもそもそうして自分で何かを作るのが好きだから持っているという方も多いです。

つまり、ミシン自体が趣味になっているのです。

それが趣味なのに、ミシンを持っていないとなったらそれは逆に不自然です。

だから、ミシンを購入していくのです。

もし自分にそういう趣味の気があったり、あるいはこれから子供が進んでいく幼稚園や小学校がそういう方針のところである場合は、ミシンは購入していくべきですが、もしそうではない場合は、持っていない方も多いので、無理して購入していく必要はないということになります。




あえて持っていないと言わないだけ

なんとなくみんなミシンを持っているように感じてしまうという理由は、いちいちあえてミシンをもっていないと言わないからです。

たとえばみんなが持っていそうに思うものを、自分だけ持っていないとあえて明かしていくのは、なかなか勇気がいることになります。

特にこの日本では、みなで同じものを持っていたり、あるいはみなで同じことをするというチーム意識がすごく高いです。

それから外れてしまうと、空気が読めないとみなされてしまう可能性はかなり高くなります。

ましてや幼稚園や小学生のママ友なんていうのは、昔から仲が良かったような人たちではありません。

なので育ってきた環境や趣味も全然違う人たちが、たまたま同じ地域に住んでいて、そしてたまたま同年代の子供がいたというだけの集まりです。

だからちょっとしたことが引き金になってその仲間から外されることはあるものです。

それは誰もがわかっていることなので、あえてミシンを持っていないと明かすことはないのです。

でも実際には、別にミシンなんて持っていないという方もたくさんいます。

自分もあえて明かす必要はない

実際自分も、もしミシンをもっていないとしても、あえて明かしていく必要はありません。

あえてそれを明かしたところで、仲間外れになるリスクが増えるだけで特別得することはありません。

それにより何かメリットがあるのであればそうするのもありですが、特にメリットはないわけですから、あえてそれをする必要性はないのです。




持っていない方はレンタルをすることも多い

でも、ミシンを持っていない人でも、いきなりミシンが必要になることはあります。

コンスタントにミシンが必要になるわけではなくとも2年3年に1回くらいのペースで、何らかの用途でミシンが必要になることはあるものです。

そうしてミシンが必要になったときには、ミシンを持っていない方はどうしているのでしょうか?

ミシンを持っていない方がいきなりミシンが必要になったときには、レンタルをすることが多いです。

レンタルをすることによって、いちいちミシンを買わなくても、そういういきなりミシンが必要になるというシーンを乗り切ることが出来るようになります。

やすければ2000円くらいで済む

ミシンのレンタルをするのは、その方がはるかに安く済むからです。

ミシンを買おうとすると、高いものだと5万10万してきてしまいます。

もちろん安いものであれば10000円くらいで売っていますが、高いものだとどうしても5万10万してきてしまうのです。

そんなものを買って、2年3年に1回くらいしか使用しないのであれば、それはすごく損です。

しかしミシンレンタルであれば、だいたい2000円くらいでレンタル出来るのです。

たとえ1年に1回ミシンが必要になったとしても、1回のレンタル料金がそれくらいで済むのであれば、ミシンの耐用年数などを考えても、レンタルの方がお得になります。

だからミシンを持っていない方は、レンタルしている方が多いのです。




ミシンを持っている方でも1万円くらいのものが多い

たとえミシンを持っている方でも、1万円くらいのものしか持っていないことが多いです。

本当に高いミシンを持っている方はごくごくまれです。

だから、たとえミシンを買おうと思っても、別に意味なく高いものを買う必要はありません。

もちろん、必要性があるのであれば話は別です。

たとえばプロレベルのミシン縫いがしたいとか、それくらいこだわって作らないとならないのであれば、やはり機材もそれなりでないとならなくなります。

もっともそれ以前に腕が必要になりますが。

ただ、なかなかそんなレベルのミシンを求めている方はそうそういません。

特に小学校や幼稚園で使う何かのミシン縫いなんて、1万円くらいするミシンであれば十分問題なくこなしていけます。

だから、ミシンを買うにしても、無理して高いミシンを買わないようにしておくべきです。

買うか買わないかはスペースの問題でもある

ミシンは、それなりに大きいです。

だから、実際にミシンを買うか買わないかは、スペースの問題でもあります。

持っていない人も半数くらいいて、そしてレンタルも2000円くらいでできるわけですが、別に買おうと思っても1万円くらいで済むわけですから、周りの保持率や金銭的な問題は、どっちにしても大差はないことになります。

でもスペースには大差があります。

それをずっと家においておけるだけのスペースがあれば、買うのもおすすめできますが、それがないのであればやはりレンタルをするのがおすすめになります。




まとめ

ミシンを持っている人と持っていない人は、だいたい半数くらいになります。

そしてミシンを持っていない方は、レンタルで済ましていることがおおいです。

ミシンを持っている人も、別に高級なミシンを持っているわけではなく、だいたいの場合で1万円くらいのミシンになります。

買うにしても買わないにしても、よく考えて無駄のない選択をしていってください。