SUMIREA

いらないミシンはどう捨てる?お得なミシンの処分方法は何?

   

ミシンは、基本的には長く使えるアイテムになります。

だから、一度買ったらそれをずっと持っているのもありです。

でも、生活における収納スペースには限度がありますから、それを捨てないとならなくなることもあるでしょう。

そんなときに困るのが処分方法です。

ミシンは、どうやって処分するのが正解なのでしょうか?

ここではそんなミシンの処分方法を見ていきます。



こちらの記事でもおすすめミシン製品を紹介していますので参考にして下さい。




ミシンは粗大ごみにあたる

もしミシンが燃えないゴミなどに当たるのであれば、それは当然燃えないゴミで出してしまうのが一番早い上にリーズナブルになります。

しかし残念ながらそんなことはありません。

ミシンは、大体のところで粗大ごみに当たります。

意外と大きくて重たいのがミシンですから、それも仕方ないといえば仕方ないのですが、粗大ごみになるのです。

もちろんその分類の分け方は、自治体によって違いがあります。

もしかしたら中には粗大ごみではなく燃えないゴミとして処分してもよいというところもあるかもしれません。

でも基本的には粗大ごみになるので、そのあたりはあまり期待しないほうが良いでしょう。

粗大ごみの価格は意外と安い

粗大ごみというと、お金を取られるから嫌だという方もいるでしょう。

でも、粗大ごみになるようなものを処分する時にはそれがどういう処分方法であってもお金がかかることが多いです。

だから、理想はその中で一番お金がかからないところで処分をするということなのです。

では、ミシンを処分する際に一番お金がかからないのはどれでしょうか?

それは多くの場合で粗大ごみとして処分することになります。

実は粗大ごみの処分料は、意外と安いのです。

もちろんこれも自治体によって違いがあります。

場合によってはすごく高いところもあるかもしれません。

でも基本的には1500円以下くらいで処分できるところがほとんどでしょう。

たとえば、東京の練馬区でいえば、小さなミシンが400円。

大きなミシンが1200円という価格設定になっています。

これはやはりすごく安い価格設定なのです。

だから、もし少しでも安くお得にミシンを処分したいとおもったら、粗大ごみとして出すのがおすすめです。

公的なものは高いというのは間違い

結局、公的な何かというのは、すごくお得であることって多いです。

何となく公的なものにはすごく高いイメージがあるのはわかります。

でも実は公的なものは、我々区民、市民、国民にやさしいことが多いのです。

だから、まずは公的なものから調べてみることがおすすめです。

それはミシンの処分だけではなく、何かをするとなった際には何でも。




引き取り業者は数千円になることも

ミシンを処分する際の方法として、粗大ごみ以外の方法を上げるとするならばやはりそれは、不用品引き取り業者にお願いすることになるでしょう。

でも、不用品引き取り業者にお願いするというのは、あまりおすすめできることはありません。

なぜなら、不用品引き取り業者に依頼すると、基本的に高くつくことになるからです。

不用品引き取り業者では、小さいミシンの引き取りでも2千円3千円くらいになることが多いです。

小さいミシンでもそれくらいなのですから、大きいミシンの場合にはもっと高くなります。

大きいミシンの場合には5000円は超えてきます。

それと比べると、粗大ごみとして提出することがいかに安いかがわかります。

また、不用品引き取り業者の場合には、さらにお金がかかる場合があるのです。

運搬費がかかることがある

たとえば地域によっては、不用品引き取り業者にお願いすると、運搬費がかかることがあるのです。

それも数百円ではなく数千円くらい。

つまり結果的に1万円近くになってしまうことがあるんです。

ただただミシンを処分したいだけなのに、それだけの価格がかかってしまうというのは、明らかにもったいないです。

だから、やはり不用品引き取り業者にお願いするというのはおすすめできません。

粗大ごみとして出すよりも確実に安くしてくれるというところがあるのであれば話は別ですが、そんなところはそうそうないですから。

公的な手段である粗大ごみとして出す方法であれば、そこで黒字にしなくても、税収などで黒字にすればよいですが、不用品引き取りの場合はそこで黒字にしないとなりません。

だから、その分費用が高くなるのは当然なのです。

採算度外視では戦えません。




オークションで売るという方法もある

いらなくなったミシンは、オークションで売るという方法もあります。

オークションで売れるミシンは、意外と多いです。

それは古いものが売れるとか売れないとかいう話ではなくて、ちょっと難があるものでも売れることはあるということです。

誰だって、ある程度きれいな状態のミシンであれば、ヤフオクとかメルカリとかで売ろうとするものです。

粗大ごみ費用をかける手間もお金もかからないですし、それどころかむしろお金が逆にもらえるようになるのですから、それをするのは当然です。

でも、壊れている場合には別ですよね。

壊れている場合には、必然的に粗大ごみにするか、あるいは不用品引き取り業者にお願いするかしか考えられなくなるものです。

でも、それが間違いなのです。

実はオークションでは、壊れているミシンでも売れることがあるんです。

だから、とりあえず出品してみるというのはおすすめです。

パーツが欲しい人などはいる

確かにミシンはミシンとして売れるのが一番早いし需要も高いでしょう。

でも、そのミシンのあるパーツが欲しいと思っている人もいるものなのです。

それならば壊れていてもあまり関係はありません。

あるいはインテリアとしてそれが欲しい人だっています。

たとえば劇団で小道具として使うとかもあります。

その場合にも当然それが壊れていても関係ありません。

自分で直すことができる知識がある人にとってもそれはあまり関係なくなります。

このように、ミシンは壊れていても需要があることはあるのです。

だから、出品しないよりは試してみたほうが良いです。

もちろん壊れていることはしっかりと伝えないとなりませんが。




早く処分できるのは粗大ごみ

確かにオークションで処分していけば、お金をもらって処分できるという利点があります。

でも、それにはデメリットもあるのです。

それが、処分できるまでにすごく時間がかかることが多いということです。

壊れているミシンの需要は、どうしても普通の状態のミシンよりは少なくなります。

ということは当然、それが人の目に触れる回数も少なくなるのです。

そうなれば売れるまでに時間がかかるようになるのは当然です。

でも、ミシンを処分したい人の中にはそれが困る方も多いでしょう。

ミシンはそれなりにスペースを必要とするものですから、いつまでもおいておきたくないのは仕方ありません。

もし早く処分をしたいならば、やはり一番おすすめなのは粗大ごみです。

時間を取るかお金をとるか

ポイントとなるのはやはりお金と時間です。

すぐに処分できるほうがよいのか、それとも少しでもお得に処分できたほうが良いのか。

一度それをしっかりと考えてみてください。




まとめ

ミシンを処分する方法としては、一番お得なのはヤフオクなどで処分をすることで間違いありません。

でも、それには時間がかかりますから、粗大ごみとして処分するほうが良いこともあります。

粗大ごみとして処分するのは意外と安いですから、実はおすすめできる方法なのです。

唯一おすすめできないのは引き取り業者に依頼すること。

これには特にメリットがありません。