SUMIREA

ミシンを選びときにはまずはミシンのタイプから理解する

   

ブラザー(brother) 電子ミシン ELU58シリーズ N39-YS

ミシンを使用することができれば、今まで諦めていたことを実現させることができるかもしれません。

ミシンは簡単に直し作業を行うだけではなく、洋服などを一から作ることもできます。

イメージしていた物を作ることができるように、正しいミシン選びを身に付けることも大切です。

ミシンはとても多くのタイプがありますので、そのタイプをまずは理解していきましょう。



こちらの記事でもおすすめミシン製品を紹介していますので参考にして下さい。




ミシンを上達させるには

どのように出来上がるのかをイメージする

ミシンは簡単に見えて、実はとても難しく、さらにとても奥が深いと言えます。

しかし、ミシンを上手に使いこなすことができれば、さまざまな楽しみが広がっていくことは間違いありません。

洋服の手直しだけではなく、一から服を制作することも、ミシンを活用すれば無理ではありません。

ミシンを上達させるには、まずはどのような物ができあがるのかをイメージしながら進めていくことが重要です。

この部分を縫えばどのような仕上がりになるのかなどをイメージしていけば、より完成時にレベルの高い物が出来上がると言えます。

下準備に時間をかける

また、ミシンをすぐに使用するのではなく、事前の下準備に時間をかけることも重要なポイントになります。

例えば、どの部分を縫っていくかをあらかじめ印を付ける作業を行っておくだけでも随分と仕上がりに差が出てきます。

さらには一気に縫い込むのではなく、ポイントごとに分けて確認をしながら縫うことで、大きな失敗を防ぐことができるようになります。

こうした方法は、どうしても時間がかかってしまいますが、大きな失敗を防ぐためにはこうやって時間をかける必要があるのです。

とくに、ミシンがビギナーの場合にはゆっくり確認をしながら作業を行いましょう。

機能性に優れているミシンを使用する

そして、ビギナーであればできるだけ高性能なミシンを使用することも失敗を防ぐポイントになります。

どのようなミシンでも同じと言うわけではなく、必ず高性能なミシンを選ぶように心がけましょう。

高性能なミシンはどうしても高価になってしまいますが、それでも失敗を防ぐためにはこうしたミシンを選ぶようにしましょう。

高性能なミシンは、多くの補助機能が備わっています。

補助機能があることで、ミシンに慣れていなくても完成度の物を作ることができるようになります。

しっかり吟味をして選んでいきましょう。




ミシンを選ぶコツ

まずはミシンの機能性を知る

ミシンを選ぶときには、まずは基本的な機能性から理解することが一番です。

しかし、初めてミシンを購入する人は、説明書などを読んでもそれがどのような機能なのか、どのようなことに使用するのかさえ理解できないと言えます。

そのため、まずはどのような物を作りたいのかと言うことに着目しましょう。

作りたい物がイメージできれば、自然と購入するべきミシンのタイプも見えてきます。

使用方法などが分からなくても、まずは自分が作ってみたいと言う物をイメージしてみましょう。

ミシンの種類から選ぶ

同じミシンに見えても、実はミシンには数タイプに分かれています。

電動ミシンや電子ミシン、そしてコンピューターミシンなどに分かれており、さらに刺しゅう専用に使用するミシンなどもあります。

目的に応じて選ぶ場合には吟味する必要がありますが、このミシンの種類は機能性も全く変わってきます。

とくに電動ミシンとコンピューターミシンとでは機能性が全くことなり、出来上がりの見た目も大きく変わってきます。

当然、価格帯も変わってきますので、選び際には注意が必要になります。

付属品にも着目する

そして、ミシンはとても多くの付属品があることも理解しておきましょう。

とくに家庭用のミシンの場合にはフットコントローラーなどはとても便利な機能になります。

安価なミシンにはこのフットコントローラーは付いていない可能性が高いため、付属品として別に購入することができるかどうかの確認は必ずしておきましょう。

付属品があることで、ミシンを使用したときに仕上がりに大きな差が出てくることがありますので注意が必要です。




おすすめのミシン4選

ブラザー電子ミシンELU58

ブラザー(brother) 電子ミシン ELU58シリーズ N39-YS

ブラザー電子ミシンELU58は、ミシンを使用する前の下準備がとても楽に行えるミシンです。

糸通しなど、ミシンを始める準備が楽なためどちらかと言えばビギナーにおすすめできるタイプだと言えます。

また、縫い目などはダイヤル調整で設定できるため、とても簡単な操作を実現しています。

電子ミシンは力が弱いと言うイメージが強いかもしれませんが、このブラザー電子ミシンELU58はデニムでも楽に縫うことができるほどの力を持っていることも大きな特徴です。

アイシン電子ミシンSP10

AISIN (アイシン) 電子ミシン SP10 ビギナーパッケージ (カシスレッド) SPD15B-RDPA 【初心者向け】

初めてミシンを購入する場合には、まずは購入しやすい価格帯から選びたいと考えます。

しかし、安価でもしっかりとイメージした機能は確保したいと考えることは当然です。

アイシン電子ミシンSP10は、こうしたビギナーでも比較的購入しやすい価格帯であることが魅力的であり、さらに必要最低限の機能性を確保していますので、ビギナーの場合には十分な機能だと感じることができます。

また、長時間使用しても疲れにくい工夫がされていますので、楽にミシンを扱うことができます。

快適なミシンを求めている場合でも、このアイシン電子ミシンSP10はおすすめです。

シンガー自動糸調子電子ミシンMF-202EX

ミシンと言えばシンガーを想像する人は多いのではないでしょうか。

それほど信頼度の高いメーカーなのです。

シンガー自動糸調子電子ミシンMF-202EXは、ビギナーにとても優しい機能が満載であり、縫い始めはゆっくり進んでくれる機能や布の厚みや種類によって糸調子を自動で調整してくれる機能など、扱いやすさで選べば、このシンガー自動糸調子電子ミシンMF-202EXはとても有利だと言えます。

さらに付属品もとても充実していますので、この一台で満足感を得ることができます。

ジャガー電動ミシンN400

電動ミシン N400

どのような場所にも設置できるコンパクトなミシンを購入したいと考えている場合には、ジャガー電動ミシンN400はとてもおすすめです。

片手で持つことができるほど軽いのも大きなポイントです。

ちょっとした縫物をしたと言うレベルであれば、このサイズや能力で十分だと感じることができます。




ミシンを上達させるには

失敗を繰り返すことが重要

ミシンはすぐに上達させることは難しいと言えます。

機能性に優れているコンピューターミシンでも、最終的には自分の能力が必要になってきます。

できるだけ早く上達をしたいのであれば、まずはミシンを頻繁に使用することが一番です。

また、購入しているミシンによって機能性や操作性も全く変わってきますので、そのミシンに早く慣れることも大切です。

ビギナーの場合には、慣れるまでにはとても多くの時間が必要になってきますが、それでも諦めることなく失敗を重ねて時間をかけて覚えていきましょう。

そうすれば難しいと感じていたミシンも、自分がイメージできるように操作をすることができます。




まとめ

ミシンにはとても多くの種類があり、ビギナーの場合にはどのようなミシンのタイプを購入することが望ましいのか理解することが難しくなります。

しかし、まずは自分がどのような物を作ってみたいのかを決めることから初めてみましょう。

さらに、購入したミシンに慣れるために頻繁にそのミシンを使用することも覚える上での重要なポイントになります。