SUMIREA

ミシンをレンタルして経済的な縫製をしませんか?性能と機能共に高く24段階の針基線調節ができるシンガーミシンも注目!

   

JANOME 電動ミシン 「両手が使えるフットコントローラータイプ」 JN508DX

ミシンで色んな服を縫うこともライフスタイルを充実させるための手段です。

しかしどんなミシンが縫製に適しているのかが分からないと、中々ミシンの購入に至らないのが実情。

今回は多機能で初心者でも扱い易いミシンなどを紹介して、縫製の苦労を解消させるためのヒントを提供します。

ミシンレンタルにも触れますので、一時的な縫製で十分な方も目を通してみてください。



こちらの記事でもおすすめミシン製品を紹介していますので参考にして下さい。




JN508DX

JANOME 電動ミシン 「両手が使えるフットコントローラータイプ」 JN508DX

Rentioではミシンのレンタルをしていて、JANOMEのJN508DXだと3泊4日で3,480円します。

4泊5日で300円上乗せされて、以後1泊1日多くなるごとに300円高くなるようです。

フットコントローラータイプなので、足でスタート・ストップ、スピードを調整しながらミシンで縫製したい方におすすめ。

説明書とDVDが付いてきて、初心者でも使いこなせるようにしている親切なところがRentioが取り扱うミシンのメリット。

レバー一つで針穴への糸通しが楽にできて、針穴に中々糸が通らずに苦戦している方には非常にありがたいですね。

ただ厚い布には使用できなくて、無理に厚手の生地を縫製すると故障してしまいかねません。

模様はダイヤル式で選択できるため、希望の模様を選ぶのに事欠かないのもポイント。

カラーバリエーション豊富な縫製で色鮮やかな服を製作したい方には好都合です。

Rentioでミシンをレンタルする手順

Rentioでミシンをレンタルする場合は、まずはネットで注文します。

17時までに注文を済ませると当日出荷できて、最短翌日にお客様の元に届くようです。

最短9時から12時に指定可能なので、なるべく早くミシンを使いたい方は借りる時間帯や最短指定時間帯も頭に入れておきましょう。

受取った商品の使用後はコンビニで返送可能で、返送料は一切掛からないです。

返送日は24時までに商品が手元から離れれば良いため、返送日が過ぎないように早めに返却する必要がありません。

返送日が必着日ではないのがミシンレンタルのし易さで、返却日ぎりぎりまで使い倒そう!

とお客様を乗り気にさせているのが何となく分かります。




モナミヌウプラスSC207

シンガーコンピュータミシンモナミヌウプラス「SC217」(SC200/SC207の最新モデル)

シンガーミシンの一種で、ミシン販売専門店では47,800円以上で販売されています。

性能と機能共に高く、価格以上の使い勝手の良さが特徴的です。

ミシンの扱いに慣れた上級者ばかりか、初心者でも扱えます。

ミシンデビューしたい方は、モナミヌウプラスSCを試してみてはどうですか?

自動糸調子機能が備わっていて、コンピューター制御と機械式が選べます。

それぞれの縫い模様にピッタリな糸調節は様々で、糸調節を手動で行うのが苦手な方におすすめです。

静音性が高く24段階の針基線調節が可能

従来品よりも内部と金属フレームを分厚くして、振動と反響音を軽減させることに成功しました。

夜寝静まった時間帯にミシンを使いたい方に嬉しい静音設計であり、内職などで夜なべするときに適したミシンです。

24段階の針基線調節が可能で、振り幅調節ボタンを押して針の落ち位置を変えられます。

直線縫いしたいときに便利な機能であり、針の振り幅が最大7mmなのを考慮すれば、細かな針基線調節はフレキシブルな機能です。

有名メーカーの針移動数は平均14段階程なので、10段階も多く針位置を変えられるところが注目されてそうですね。

針移動数を細かく調整できることは、即ち正確な位置に針を落とすことが可能とのこと。

思い通りの縫製をするための条件として、24段階の針基線調節ができるモナミヌウプラスSC207が購入の候補に挙がることが多いと考えられます。

片手で針穴に糸を通せて糸掛けも楽にできる

片手で針穴に糸を通せて、針穴にスイスイ糸が通る!

とお客様を驚かせる針穴通し機能も特筆すべき点です。

針穴に糸を通すのは結構神経を使うので、その苦労を掛けさせないミシンが選ばれることが多々ある気がします。

ニュースレッティッグシステムが用いられていて、針が止まった位置に関係なく糸掛けできます。

初心者はとかく上糸掛けの天ビン部の糸掛けを失敗しがちなので、その問題を解消するために生み出されたシステムです。

糸掛けは大の苦手…という方にもおすすめのミシンで縫製をするのも良い考えではありませんか。

下糸巻き自動停止機能とボタンの点灯による状態表示

下糸巻き自動停止機能で下糸を止める仕組なので、旧式の機種とは違って、右の出っ張りを糸に当てたときに生じる摩擦力で下糸を停止させないです。

無理な摩擦力を下糸に掛けないことが、危なげない縫製として多くの方に支持される理由となります。

スタート/ストップボタンが光るようになっていて、運転中は青色で表示されて押さえが上がったときに赤色で表示される仕組みです。

こうした状態表示で直感的な縫製ができるため、運転中なのか押さえが上がっているのか曖昧にならずに済みます。

こうした勘違い防止を縫製で手痛いミスを回避することにつながるのは大きいですね。

最悪操作ミスでミシンが故障してしまい、新しいミシンに買い換えなければならない事態を回避できると言っても大げさではありません。

自動糸切り機能でハサミ要らず

ハサミを使わずに自動で糸を切ってくれるのも嬉しい機能で、糸切りボタンを押すと上糸や下糸を切ってくれます。

糸を短く切ることができて、糸の長さで縫製後に見栄えが悪くなるのが気になる方には至れり尽くせり。

糸を切る際にハサミのようにジョキッと音がしません。

人によりけりですが意外と気になる音ですし、静かな糸切りもおすすめミシンに当てはまります。

以上のことから、モナミヌウプラスSC207は快適な縫製をするには打って付けなミシンであり、縫製の度にわざわざハサミを用意する手間を省ける優れ物です。




ミシンの修理を受付けているお店

ミシンも使っているうちに故障するため、修理してくれる業者に修理を依頼することが往々にしてありますよね。

例えばミシン修理センター千葉支店ですと、出張と見積両方共無料で対応します。

出張費が掛かると修理代に上乗せされてしまうため、できれば出張費を掛けたくないリーズナブル派には非常に有り難いこと。

全メーカーに対応していて、有名メーカーのミシンでなくても修理してくれるだろうか…と不安な方もご心配なく。

全てのミシン使用者に親切な修理店は、その機器で縫製をしたい方の頼れる存在です。




コンピューターミシン

brother コンピュータミシン CPS4204(PS202)

どのミシンを選ぶべきか頭を悩ませている方は、コンピューターミシンを使ってみませんか?

エラー表示をコンピューターで制御できるため、思わぬミスの見落としを気付かせてくれるのは助かりますね。

縫い目やスピードもコンピューターが判断するので、縫製したてで苦労している方でも安心して使えるのがポイント。

特に初心者は縫い目を気にしながら速度にも神経を集中させないと上手く縫製できないため、使用者に合わせてコンピューターがフォローしてくれるのは素晴らしい!

安心して使える分電子ミシンより高めなのを考慮した上で購入の参考にしましょう。




まとめ

ミシンのお蔭で、縫製で大きな手間を削減できた方は数知れません。

それだけ実用的なアイテムであり、これからも幅広い縫製に活用する物として欠かせないのが予想されます。

幾ら自動縫製の波が押し寄せてきたとは言え、自分の手で服を縫いたい方が数多いのは事実。

そうした方の要望に応えるために、今後もミシンの普及が加速していくべきです。