SUMIREA

どっちを選んだらいい?電子ミシンとコンピューターミシンの選び分けポイント

   

最新モデル ジャノメ コンピュータミシン JP710MSE 新色(プレミアムゴールド)

ミシンを購入する際に必ず迷うポイントのひとつに、コンピューターミシンにするか電子ミシンにするかという選択です。

コンピューターミシンは価格が高目なので、どうしても値段で比較する方も多いと思います。

しかし最近は、コンピューターミシンでも購入しやすい価格の製品があります。

またコンピューターミシンでも小型サイズで選べば、手が届く価格で購入できます。

両者の価格差が少なくなっている傾向を見ると、それぞれの機能や性能面の違いを知って、自分に相応しいミシンがどちらか見定めることが大切と言えそうです。

そこで今回は、性能や機能における両者の違いと、選び分けるポイントをご紹介します。

電子ミシンとコンピューターミシンの選択で迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。



こちらの記事でもおすすめミシン製品を紹介していますので参考にして下さい。




電子ミシンとコンピューターミシンの決定的な違いとは

まずは電子ミシンとコンピューターミシンの、根本的な違いをご紹介します。

この違いにより性能や使い勝手が違いますから、比較する際に役立つ知識として覚えておきましょう。

電子ミシンは、縫うスピードを電子回路で制御するミシン

従来から広く使用されていたミシンが電子ミシンで、学校で使用したことがある人も多いと思います。

電子回路で縫うスピードを制御するのが、電子ミシンの特徴です。

スタート時とストップ時はボタン操作で行い、縫うスピードは「低」「中」「高」など何段階かの速度を手動で選びます。

模様選びはダイヤルで行い、その縫い幅は指定の種類から選択する方式のため、自分好みの幅で縫うことはできません。

最近の電子ミシンの傾向は、操作や準備が楽な機能を多彩に揃えているものが大変多くなっています。

また縫い模様のパターンが、10種類以上あるものも少なくありません。

電子ミシンの価格は搭載している機能の種類などで差があり、1万円~3万円程度のものが平均的な価格です。

どのメーカーも電子ミシンは、お手頃価格の製品に力を入れています。

コンピューターミシンは、縫うスピードや縫い目の幅などをコンピューターで制御するミシン

電子ミシンと比較すると、より性能が優れているミシンと言えるのがコンピューターミシンです。

縫うスピードはじめ、縫い模様の幅をコンピューター制御で行えます。

また、操作手順やミス操作などを知らせしてくれるような機能も有しています。

操作性における大きな違いは、各種の設定をパネル操作で行える点です。

画面で操作手順やミス操作を親切に表示してくれるようなコンピューターミシンもあり、初心者でも使いやすいミシンとして人気があります。

さらに特徴的な点と言えば、刺繍縫いや文字縫いなどができる製品が多い点です。

これはコンピューターミシンにしかできない機能であるため、選び分ける際の大きなポイントになります。

模様縫いに関しては電子ミシンにもある機能ですが、選べる模様の種類が少なめです。

これに対してコンピューターミシンは多彩な模様から選べますから、この点も大きな違いになります。

その他コンピューターミシンには、ボタンホール縫いを自動でサイズ調整してくれるような機能や自動糸切り機能など、より多彩な機能が搭載されている製品もあります。

コンピューターミシンの価格は幅が広く、家庭で使用する標準的な製品の場合は2万円~8万円前後が平均的な価格帯です。




電子ミシンは、こんな方におすすめ

価格や機能面で違いがある電子ミシンとコンピューターミシンですが、それぞれに予算や用途に合わせて選び分けできます。

まずは、電子ミシンがおすすめと言えるケースをご紹介します。

簡単なものを縫うだけなのでシンプルな機能で充分と考える方

ミシンを選ぶ際は、どんな用途で使いたいかを見定めて相応しいものを選ぶことが大切です。

簡単な縫い物に使うだけであれば、多機能な高いミシンは必要ないかもしれませんね。

簡単な縫い物と言っても漠然としていますが、例えばお子さんのための道具袋や巾着袋などを作りたい場合です。

自分用の小物づくりなどもありますが、これらは直線縫いと模様縫い、ボタンホールの機能があればおおよその縫い物が可能です。

また自宅で、ほつれ直しや丈直しをしたい場合にもシンプルなミシンで対応できます。

洋服のリメイク専門店で行ってもらえるような本格的な裾上げはできませんが、仕上がりを気にしないような直線縫いの裾上げは可能です。

布の端の処理も、模様縫いを使ってできる方法があります。

以上のような簡単な縫い物であれば、シンプルな電子ミシンで充分かもしれません。

電子ミシンの方が価格も安めなので、簡単な縫い物の用途で使用するミシンとしておすすめです。

パネル操作など複雑な操作が苦手な方

既にミシンを使用していた方が、故障などの理由で買い替えることがあると思います。

電子ミシンを使用していた方であれば、そのシンプルな操作に慣れているため、コンピューターミシンのような複雑な操作は苦手に感じるかもしれません。

またコンピューターミシンの場合はパネル操作で設定を行うことが多いため、そのような作業が苦手に感じる方もいらっしゃるでしょう。

パネル操作に慣れている人であれば、分かりやすくて便利に感じますが、苦手な人にとってはそれが厄介なものに変身します。

一般的な電子ミシンであれば、簡単なホームソーイングの用途に充分対応してくれますから、シンプル操作が好みの方にはおすすめのミシンです。

電子ミシンも製品によって機能の内容に差がありますから、用途を考えて比較検討してみましょう。




コンピューターミシンは、こんな方におすすめ

では機能が多彩なコンピューターミシンは、どんな人におすすめなのでしょうか。

その一例をご紹介します。

ミシンをフル活用していきたい、文字や刺繍縫いを利用したい方

電子ミシンと比較してコンピューターミシンが優れている点をあげると、刺繍縫いや文字縫いができる点とパネル操作が可能な点です。

また模様の縫い幅を好みで調節できたり、ボタンホールのサイズを自動調節できたりします。

さらにコンピューター制御により縫い目の調整が可能なので、より安定した使いやすさを実感できます。

そんな多機能で性能が良いコンピューターミシンは、ミシンをフル活用していきたい方に最適と言えます。

例えば洋服をハンドメイドする場合やリメイクする場合などは、ファスナー付けやボタンホール縫いを行うこともあり、より性能が良くて多機能のミシンが望まれます。

また洋服などの縫製は見た目にキレイな縫い目が求められるため、布の種類や厚さに関わらず安定して縫いやすいコンピューターミシンが使いやすいでしょう。

ミシンで刺繍縫いや文字縫いをしたい方は、電子ミシンにはない機能なので、必然的にコンピューターミシンを選ぶことになります。

親切なガイドがあるミシンが好みの方

コンピューターミシンの大きな特徴のひとつに、操作ガイドや操作ミスをお知らせしてくれる機能があります。

これは初心者の方にとっては大変嬉しい機能で、慣れないミシン作業もスムーズに行えます。

ミシンは細かい準備が必要で、慣れない人にとっては分かりづらいことが多いものですが、操作ガイドがあればその場で解決できて大変便利です。

また何か操作ミスがあっても、すぐに知らせしてくれるので、同じくその場で解決できて助かります。

コンピューターミシンは、ある意味では双方向感覚のミシンと言えますから、とても親切なのです。

パネル操作の方が楽に感じる方や、親切なガイドがあるミシンが好みと言う方であれば、コンピューターミシンが適しているでしょう。




予算から考えた、ミシン選びのコツ

ミシンを選ぶにあたっては、予算を考えて選ぶことも大切です。

最後にミシン選びについて、予算から考えた選び方のコツをご紹介します。

1万円~2万円程度の予算で相応しいミシンを選ぶコツ

「良いミシンが欲しいのは山々だけど、予算が限られている」と言う方も、少なくないはずです。

例えば、1万円~2万円程度の予算でミシンを探す場合を考えてみましょう。

この予算の場合は、一般的な電子ミシンが豊富に揃っている価格帯になります。

電子ミシンであれば、多機能で性能の良い製品を購入できる値段です。

もしミシンを使う目的が電子ミシンの範囲で間に合うのであれば、その種類でおすすめのミシンを探してみましょう。

しかしどうしてもコンピューターミシンにこだわりたい場合は、低予算の製品での選択が可能です。

例えばコンパクトサイズであれば、この予算での購入が可能です。

フルサイズよりも小型になり、縫製スペースが狭いと言うデメリットがありますが、運びやすさや収納のしやすさで選ぶ方もいます。

あるいは刺繍縫いはできないタイプであれば、同じくコンピューターミシンの購入が可能です。

ミシンの専門店などではそのような低価格製品を扱っており、また旧モデルのお得なコンピューターミシンが販売されていることもありますから積極的に探してみましょう。

予算に余裕がある場合に相応しいミシンを選ぶコツ

ミシンを購入するための予算が充分にある場合は、どんな用途にミシンを使うのかによって選ぶのが良いでしょう。

洋服の制作や色々な用途でミシンをしっかり使っていきたい場合は、断然コンピューターミシンがおすすめです。

コンピューターミシンの場合、刺繍縫いの性能によって値段が高くなる場合もあります。

もし刺繍縫いを使わない縫製であれば、必要のない機能と言えますから、その他の機能を重視して適切な値段のものを選ぶと無駄な費用を使わずに済みます。

電子ミシンにするかコンピューターミシンにするかの選択は、前述の内容を参考に、用途や自分に相応しい使い勝手のもので選んでみましょう。




まとめ

今回はミシンを選ぶ際に大切なポイントとなる、電子ミシンとコンピューターミシンの選び分けについて、それぞれの特徴や選び方のポイントを詳しくご紹介しました。

使う用途によって、電子ミシンで充分に用が足せることもあれば、より性能が優れたコンピューターミシンの方が相応しい場合もあります。

これからどんな目的でミシンを使っていきたいのかを見定め、また予算はどの程度などかを把握して相応しいミシンを絞り込んでいきましょう。